京都家庭医療学センター

京都家庭医療学センター

Kyoto center for family medicine (KCFM)

センター長あいさつ

センター長 高木幸夫

みなさん、こんにちは。
京都家庭医療学センターのホームページへようこそ。

京都家庭医療学センターは、病院および診療所の複数の施設群で、診療・教育・交流・質向上などの活動を行っています。
施設群には、京都市内の京都民医連中央病院、あすかい病院、上京診療所、仁和診療所や綾部市の京都協立病院、福知山市のふくちやま協立診療所などがあります。
京都家庭医療学センターの研修プログラムとしては、2007年に日本家庭医療学会の認定プログラムとして始動し、現在は「総合診療専門医」および「家庭医療専門医」のプログラムが稼働しています。また、希望者は「在宅専門医」を取得可能ですし、2020年からは日本プライマリ・ケア連合学会の「新・家庭医療専門医」の研修プログラムも認定されました。
京都家庭医療学センターでの研修キャリア・プランとしては、総合診療専門医+新・家庭医療専門医+在宅専門医の資格を取得し、診療所家庭医もしくは病院家庭医(総合医)として働くプラン、総合診療専門医+新・家庭医療専門医+総合内科専門医の資格を取得し病院総合内科として働く、もしくはさらに内科のサブスペシャルに進むプランをモデルとして掲げています。
また、今後、緩和ケア専門医の取得コースも整備していく予定です。
古都 京都で、総合医・家庭医として一緒に働きませんか?

京都家庭医療学センター 上京診療所
高木幸夫