京都家庭医療学センター

京都家庭医療学センター

Kyoto center for family medicine (KCFM)

トピックス

2020年10月6日「レジデントデイ_振り返り」

 今週のレジデントデイは6名で行いました。月初めのレジデントデイでは1ヶ月の振り返りとSEEA(Significant Emotional Event Analysis)とを、シートを用いて行っています。
 振り返りでは、「今回新しく気づいたこと、出来た事、した事」「今回うまく行かなかった事、失敗」「今の気持ち・感情」「次回までの目標、願望」をそれぞれ述べました。10月で新しい研修がスタートした専攻医も多く、小児科研修をスタートさせた前川先生からは小児の診かたに慣れてきて楽しい、川崎病の入院が多いとの報告がありました。9月から内科病棟で研修を開始した三上先生からは、カルテからの情報収集や治療方針の決定について時間がかかりすぎているので慣れていきたいとのお話があり、指導医からはじっくり時間をかけるのははじめは重要であるとのアドバイスがありました。
 日々業務に追われてしまう中、月に一度、研修内容を振り返ることで、次へのステップになるのだろうと思います。

キーワード:レジデントデイ、振り返り、SEEA
文責:大庭まり子